ウェーブ手すり

ウェーブ手すり

通常、同一断面の押出しに対して、所々(一定間隔)に手にフィットし易いようにコブをつけました。階段で上る時にはこのコブで体を支えながら、下りるときにはは手を滑らせながら、上り下りできます。

特徴

ストレート手摺に対して、一定間隔に太い部分(コブ)を付けている為、コブの部分で引っ掛りしっかりと握ることができて、特にこの事は、階段やスロープに於いて、握る部分の太さの違いから、「ずれにくい」「体重を支えやすい」といった安心感があります。
また、高齢者の方や歩行困難者の方々でも、車椅子等を利用しての移動時に少ない力で移動できると考えらています。

販売・施工についてのお問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせください。

施工実績

  • 学校階段
    学校階段
  • 役所
    役所
  • 工場
    消防署
pagetop